固定価格買取制度でリスクなしの投資

太陽光発電システムを導入するメリットの一つが売電です。電力会社に買い取ってもらうことによって利益を得られるのですが、これを目的としての導入に拍車をかけたのが固定価格買取制度です。固定価格買取制度とは、電力量に応じて得られる料金を20年間固定するという制度です。これによって何が起きたのかというと、投資としての導入が普及しました。
これまではどうだったのかというと、基本的には需要と供給とによって決められていました。ですから、もしかすると来年には売電価格が下落して、利益が非常に小さくなるというリスクもあります。太陽光発電システムが普及すれば、必然的に供給は大きくなるわけですから、価格下落は免れないでしょう。そのために投資に踏み切る事を躊躇していた企業も多いのです。
20年間価格が固定されていれば、投資として行うことで利益が得られるかどうかを容易に計算することができるでしょう。売電価格は固定されているわけですから、将来の利益見通しを簡単に立てることができます。そのために大企業が積極的に投資を行ったのです。
固定価格買取制度が社会全体として良いものか悪いものかという議論は決着していないようですが、固定価格買取制度の導入によって太陽光発電の導入が進んだのは事実です。

注目コンテンツ

banner 社会的責任から投資対象へ

詳細はコチラ

banner 固定価格買取制度でリスクなしの投資

詳細はコチラ

banner 資産を活用しやすいのがメリット

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 太陽光発電を導入したくなるサイト. All Rights Reserved.