太陽光発電の導入にかかわる補助金と税制優遇

太陽光発電システムの導入を促進するためのものとして補助金があります。補助金は国のものもありますし、自治体のものもあります。例えば、国の補助金をもらいながら県から補助金をもらい、さらに市町村から補助金をもらうというようにして、導入コストを下げている事例もあります。
それとともに税制優遇は非常に魅力的なものだといえるでしょう。税制優遇にもいろいろなものがあるのですが、その中でも特別償却を用いる事ができるというのは、非常に魅力的なことです。通常、固定資産は減価償却によって数年にわけて費用化していきますが、太陽光発電の費用は、条件さえ満たせばその年にすべて費用化することができます。
例えば、税引き前純利益が1000万円の中小企業があった場合、法人税率が50パーセントとすると500万円の税金を納めなければなりませんが、例えば1000万円をかけて太陽光発電システムを導入し、それが全額償却できれば、その年の利益はゼロになります。ですから、税制優遇によって500万円の節税ができます。実質的には1000万円のシステムを500万円で導入できた事になるわけです。このような魅力があるために、導入が進んできているという側面もあります。
補助金と税制優遇は、個人にとっても企業にとっても非常に優れたものですから、これも考えて採算性を判断しなければなりません。

注目コンテンツ

banner 社会的責任から投資対象へ

詳細はコチラ

banner 固定価格買取制度でリスクなしの投資

詳細はコチラ

banner 資産を活用しやすいのがメリット

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 太陽光発電を導入したくなるサイト. All Rights Reserved.